toggle
2020-10-26

ぬりかべWS 終了しました!

10月25日(日)、ホゲット初となるイベント、
DIYワークショップ第1弾・ぬりかべワークショップを開催しました!
お天気にも恵まれ、地域内外から、たくさんの方にご参加いただき、
あらためて、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
(※コロナ対策として、検温・手指消毒・マスク着用を徹底し、屋外及び換気が十分な空間で実施しています)

外からも、日々工事の様子がわかるホゲット。朝9時、みなさんが集まってきました。

ぬりかべWS レポート

ぬりかべワークショップ当日。
まずは、建築を担当する佐々木さん、そして村岡棟梁から、
今回のワークショップの説明です。
ホゲット石鍋を彷彿とさせるような素朴な風合いを出そうと、
コテは使わず、手でモルタルを壁に塗っていくというアイデアに!
どんな作業になるのかな?

石鍋の実物を見せながら、今日のワークショップの内容を説明。
こんな風合いを目指すぞー!
村岡棟梁がモルタルを練ります。棟梁の長男くんも大活躍でした!

棟梁が練ったモルタルをバケツに入れ、
手袋をはめて、早速作業スタート!
子どもたちも、泥んこ遊びの感覚で、壁づくりに挑戦です。

こんな感じ? ぺたぺた、モルタルを壁に塗りつけていきます。
黙々、意外と夢中になって、だんだんコツもつかめてきます。
後ろ姿に貫禄が出てきた、ちびっこ左官。
…と、夢中になるのは大人も同じ!黙々と手を動かす時間、なんだかイイのです。
みんな壁に向かって、黙々と作業を進めます。

1時間も経つと、あっという間にメインの空間がほぼ仕上がった状態に!
先週、デモンストレーションをした時は、
2、3人で1日がかりだったというのに、
人数が多いとあーっという間に仕上がっていきます。すごい!

子どもたちは遊びをつくる天才!ホゲットの空間、洞窟みたいでかくれんぼに最高の様子。

休憩タイムになると、芝生の広場へ。
また、この芝生での時間が、とっても気持ちがいいのです。
ふっかふかの芝の上で、子どもたちはいつの間にか裸足に。
大人も寝そべったり、ごろごろしたり、自然とリラックス。

もちろん、おやつは西海のみかん◎
山﨑社長の粋な計らいで、しゃぼん玉をプレゼント。子どもたちは大喜び!

“つくる”段階から一緒に関わっていただくことで、
ホゲットを開かれた場、愛着を持てる場にできればと企画したワークショップ。
「楽しかった!」「二回目のWSも参加したい!」と
たくさんの笑顔の中で無事に終了し、とても素敵な1日となりました。

今後のリノベーション工事も、
引き続きリポートしていきたいと思いますので、お楽しみに。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

関連記事